花火大会

東京湾の花火大会

東京で行われる花火大会は、訪れる人が多い分だけ規模が大きくなります。
有名なのは東京湾大華火祭ですね。
東京湾上で花火を打ち上げるのです。
見物するためにいくつもの会場が作られています。
それぞれは入場整理券を手に入れておかなければなりません。
地方に住んでいる人にとって、花火大会を見るのに整理券が必要になる感覚はよくわかりませんね。
東京湾大華火祭をダイナミックな位置で見たいと思うのならば、観覧船に乗ることです。
打ち上げ場所に近いところで見ることができます。
もちろん、有料ですから早めにチケットを購入してきましょう。
入場整理券を配ることで、各会場に入場する人数を制限することができます。
主催者側としてはその整理券で利益をあげようということではなく、人出を分散させて事故の危険を避けることが狙いです。
それぞれの会場の収容人数に達した時点で整理券は完売となるのです。
これも東京の人口の多さからくる対策なのですね。
花火大会は素晴らしいのですが、毎年どこかで事故が起きています。
主催者側としても、楽しんでもらいたい反面、事故がないようにしたいと思うのです。
東京湾大華火祭では晴海主会場、晴海第2会場、東海運動公園会場、晴海個人協賛会場、日の出会場、豊洲第1会場、水上エリアがあります。
全体の地図などはインターネットの公式ホームページに掲載されています。
今年の花火大会を見に行こうと思っているならば早めに計画を立てておくことですね。

 東京湾の花火大会 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi