花火大会

花火大会の問題

花火大会は素晴らしいものでも、見に来る人のマナーレベルによって、気持ちよい時間を過ごせるかどうかが変わります。
マナーの基本としてゴミは持ち帰ることです。
しかし、現実には花火大会終了後の会場にはたくさんのごみが散らばっています。
屋台の食べ物のごみもありますが、明らかに捨てていったようなゴミも見受けられるのです。
暗いところですから、見られていないと思う心理が働くのでしょう。
家族連れで来るのであれば、子どもに花火大会での見物マナーを教えておきましょう。
帰りの時間はみんな同じになりますから、電車やバスは大混雑です。
駅員などが誘導しても、なかなか前に進みません。
だんだんとイライラしてくる人が出てくるのです。
時にはけんかになってしまうこともあります。
きれいな花火を見た後なのに、どうして争ってしまうのでしょうか。
各人が気を付ければ済むことです。
美しいものを見たいと思う気持ちは長続きしないのでしょうか。
過去には大きな事故も発生していますね。
群衆が集まると、どうしても問題が発生するのです。
最近は見物客を分散させるための工夫が行われるようになりました。
会場を複数にすることによって、見物のための広さを広げるのです。
花火大会を見物するならば、帰りのことを考えて公共交通機関を利用しましょう。
その方が安心です。
そして、できるだけアルコールは控えましょう。
周りの人の迷惑になってしまいます。
今年の夏も楽しい花火大会にしましょう。

 花火大会の問題 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi