花火大会

花火大会の費用

花火大会を毎年見に行く人は多いのですが、その花火の値段を知っている人はあまり多くありません。
1万発の花火を打ち上げるための経費はどれくらいなのでしょうか。
それがわかれば、花火大会をした時にどれくらいの損益があるのかがわかるのです。
花火大会で使用されている花火にはサイズがあります。
もちろん、大きくなるほど価格は高くなります。
実は花火の値段は決められています。
社団法人日本煙火協会が定めているのです。
1尺玉と呼ばれる10号のサイズで6万円です。
これがおおよそ1万発だとすると、6億円にもなります。
もちろん、これほどの出費はないとしても、数千万円の費用が掛かっていると見てよいでしょう。
そして、その見物客が10万人として、一人千円を使えば、1億円の売り上げとなります。
花火に掛かる費用も大きいのですが、経済効果もかなりあると考えてよいでしょう。
企業や地方自治体が花火大会を開催するのは、市民へのサービスの面もありますが、経済的に潤うことで地域活性化につながると考えているからです。
近年の花火大会はボリュームが大きくなってきました。
規模が大きいのです。
花火大会を開催するために警察官や自治体の職員が数多く動員されます。
それらの費用を考えても、十分元は取っていると考えてよいでしょう。
もちろん、主催者が利益を出す必要はありませんが、大きな損失を出すのは避けなければなりません。
税金の無駄遣いだと、訴える人が出るからです。
いずれにしても花火大会では大金が動いているのです。

 花火大会の費用 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi