花火大会

花火大会の歴史

世界的に見て、花火が始まったのは中国だと言われています。
当時の花火は爆竹のイメージです。
ただ、現代の花火大会で見られるような打ち上げ花火が登場したのは、16世紀ぐらいになってからです。
そして、日本では室町時代の文献に花火らしい記述が登場します。
しかし、正確なところはわかっていません。
花火大会の歴史がどうであれ、現代においても花火大会は人々の楽しみとなっているのです。
そのことだけはずっと変わっていないのかもしれません。
日本の花火は外国から入ってきたのですが、日本人の感性によって、現代のような花火に進化したのではないでしょうか。
現代でも、若い花火師たちが新しい花火を登場させています。
花火の技術はそれほど変わっていませんが、どのような花火に仕上げるかは花火師たちの技によるのです。
一瞬で消えてしまう芸術作品と言えるでしょう。
花火が全国に広がるようになったのは、花火の製造技術の進歩です。
安定した花火を大量生産することができるようになったのです。
毎年花火大会は行われており、日本中では数10万発の花火が打ち上げられていることになります。
江戸時代では玉屋が有名ですね。
鍵屋と玉屋の掛け声は、由来を知らなくても大声で出したくなるのです。
花火大会は真っ暗な中で行われます。
それが幻想的な雰囲気を盛り上げてくれます。
大人も子どもも花火大会に来て、楽しくない人はいません。
誰でもが感動するのです。
言葉や説明は不要です。
百聞は一見に如かずです。

 花火大会の歴史 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi