花火大会

花火と服装

花火大会での服装と言えば、やはり浴衣でしょうか。
街中で浴衣姿の女性を見ると、花火大会に行くのかなと思ってしまいますよね。
浴衣は夏の服装として風情があります。
花火大会のデートで相手に着てほしい服装のアンケート結果では、6割以上の男性が浴衣を上げています。
日頃は目にしない女性のかわいさ、色っぽさが浴衣にはあるのでしょう。
しかし、花火大会を見る時の服装として、浴衣が適しているかと言うと、そうではありません。
座りにくいからです。
室内であれば正座することは問題ありませんが、屋外の花火大会では浴衣姿で道端に座るのはちょっと嫌だと思うでしょう。
カジュアルなパンツルックの方が動きやすいですよね。
若い人なら短パンがいいでしょう。
浴衣は着なれていないこともあり、着崩れしたりすると面倒だと考える人が多いのです。
外出先で着崩れして、それを自分で治すことができれば問題ないのですが、そんな若い女性は少数派なのです。
女性が男性の服装として希望するのは、やはり浴衣が一番多いそうです。
約3割の女性が浴衣を上げています。
男性の場合は浴衣の割合が少ないですから、目立ちますよね。
カップルで浴衣を着ているのは憧れてしまいます。
花火大会の絵になる風景ですね。
残念ながら、男性で浴衣を着こなしている人は少ないかもしれません。
現代人は浴衣を着る機会が少ないことが問題なのかもしれませんね。
あなたはどのような服装で、今年の花火大会を見に行くのでしょうか。

 花火と服装 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi